Loading

BLOG

パーマ失敗されて直したい方へ!原因と改善策&対処法を解説!

あかん。意気揚々とパーマかけたら、なんかチリチリボサボサやし、ジリジリしてまとまらない。なんか、これ、ソバージュやないか?このままだと、外歩けへん、、、どないしよう、、、、、もう、カピバラに踏まれて死にたい。。。

今回この記事では、パーマをかけたらめっちゃ失敗され、見るも無残な姿に変貌を遂げた原因を解説し、それを踏まえて改善策、対処法、施術事例をご紹介させていただきます。今現在、そのような状態に陥っている方は、ぜひご参考くださいませ。

わたくし、原宿・表参道で美容師をしている楠本真澄です。アッシュ系カラーとストレートパーマ、噛みながらのツッコミに定評があります。

パーマ失敗されて大変なことに、、、原因と対処・改善策を解説!

あのフワフワな愛されカールのモデルさんみたいなパーマをかけたい!と思ってかけてみたら、チリチリというか、爆発してしまって、生きるのがツライ。
心中、ほんと、お察し致します。
髪は女性の命です。その髪がボロボロになってしまうのは、どうしてなのか。そして、どうすればいいのか。徹底解説させていただきますね。よろしくお願い致します。

パーマ失敗の原因

そもそもなぜ、失敗が起きてしまうのか。考えられる原因をまとめてみました。(パーマの種類は、基本全て該当します。水パーマ、クリープパーマ、エアウェーブ、デジタルパーマなど)

ちなみに、今回のパーマ失敗の定義は、「パーマのリッジ(カール)がまばら、もしくは無い状態で、手ぐしも通らず、チリチリ、ジリジリに広がっている状態のこと」にします。(上の画像の左のような状態)

  • 毛髪診断の見極めのミス

パーマは、毛髪内部にあるタンパク質に作用し、かかります。このタンパク質がないと基本かかりませんので、必要不可欠な成分です。しかし、このタンパク質が少なくなっている状態があります。パターンとして、

  1. 元々の髪質で、最初から少ない。(細毛・軟毛)
  2. 傷みによるタンパク質の減少
  3. ブリーチ、縮毛矯正をしているため

細かく言うとまだありますが、大きく分けるとこの3つに分けられ、このうちのどれかか、もしくは2つ以上組み合わさると、基本、パーマは上手くかかりません。
われわれ美容師は、必ずカウンセリング時に、このどれかに当てはまらないかを確認します。当てはまっているのにパーマをかけたのならば、それは完全なる毛髪診断のミス、髪質の見極めのミス、になります。

  • 薬剤選定のミス

われわれ美容師は、薬剤を取り扱う際、一人一人の髪質に合わせて数ある種類の薬剤の中から、適した薬剤を選択します。様々な種類、強弱を把握した上で使用するのですが、パーマを失敗してしまう場合、適した薬剤ではなく、過剰に反応する(簡単に言うと強いパーマ液)を使用してしまう場合があります。これをしてしまうと、髪が薬剤のパワーに耐えられず、毛髪内部の成分を破壊し、結果チリチリになるのです。

  • 施術工程のミス

簡単に言うと、パーマ液をつけてから、時間を置きすぎた場合、もしくは、温めすぎた場合、温める温度が高過ぎた場合を指します。デジタルパーマの高温ロッドも、それにあたります。これも、一人一人の髪質に合わせた、適した置き時間、適した温度を徹底出来なければ、失敗するでしょう。
パーマ失敗の原因として、やはり1番大きいのが、毛髪診断の見極めミスです。多くの場合、このミスを犯しています。そしてさらに、毛髪診断のミス×薬剤選定のミス、毛髪診断のミス×薬剤選定のミス、または3つ全て、が組み合わさると、必ず失敗します。

結論言ってしまえば、美容師側のミスです。
ですが、たまに、ブリーチや縮毛矯正の履歴があることを、聞かれたのに伝えなかった、というパターンもありますので、過去の施術履歴はなるべく正確に覚えておき、初めて担当される美容師にはしっかりとお伝えしましょう。

 

パーマ失敗の対応・改善策

あなたが現在、パーマを失敗され外にも出れない状態ならば、ここからが本番ですね。ここからは、どのようにしたらいいのか、というのをご説明させていただきます。必ず光は見えますので、リラックスしながらご覧ください。

  • 施術した美容師に相談する

まず最初に、担当した美容師に相談しましょう。何かしら対応するはずです。どんな薬剤を使ったかは、その美容師しか知りませんので、まずは直接、聞いてみましょう。

  • パーマはかけ直さないこと

パーマが上手くかからなかったからと言って、すぐにまたパーマをかけ直すのは、やめておきましょう。パーマをかけてチリチリ、ジリジリになった時点で、残念ながら何回かけても上手くかかりません。かければかけるほど、傷みは蓄積され、もっとジリジリ、チリチリになります。

かけ直していいのは、チリチリ、ジリジリになっておらず、たんに薬剤のパワー不足によりストレートになってしまったパターンのみ、になります。しかし、この場合も、しばらく空けたほうが得策です。パーマ液がまだ髪の中に残っている場合があり、この状態で再びパーマをかけるのは傷みに大きくつながりますので、2週間前後空けてかけましょう。

  • カットしちゃう

これは、もう、あれです。チリチリボロボロの失敗部分を、切り落としちゃう、というパターン。これは、まぁ、それが出来たらそれに越したことはないですが、切り落としたら、ショートになっちゃう、または、長く残したい、という方には、なかなか難しい選択ですよね。しかし確実に、早期問題解決なのが、カットです。

  • 髪質改善ストレートパーマで改善

パーマかけ直せないからと言って、このままは嫌だし、カットもしたくない、という方にオススメなのが、この髪質改善ストレートパーマ。今回の記事の本題です。

簡単に言うと、チリチリパーマを落としてストレートに戻そうぜ、ってことです。

これが出来たら、めっちゃハッピーですよね?
しかし、チリチリに傷んだ髪に、またストレートをかけるわけなので、一筋縄ではいきません。これには、技術、経験、知識、愛情が高水準でないと、出来ないのです。

これも失敗すれば、さらにチリチリのジリジリに傷み散らかし、いよいよもう直らなくなっていきます。

そして、この髪質改善ストレートパーマは、傷んだ毛髪を綺麗に蘇らせる、というわけではありません。傷んだ髪が蘇生することはあり得ませんので、あくまで、綺麗に見せる、ということなのです。

治癒の治す、ではなく、直す、ということ。そう、それはとても、腕が試される繊細な技術なのです。

 

なので結論、失敗したパーマヘアの改善策としては、切るかストレートパーマをかけるか、になります。その他の対処法として、ヘアアレンジをして乗り切る、という方法もありますが、毎日アレンジするのも大変かな、と思ってしまいます。なので、現実的に考えると、この二択です。

髪質改善ストレートパーマの施術事例

ここからは、他サロンでパーマ失敗された髪を髪質改善ストレートで直させていただいた施術事例をお写真にてご紹介します。

ぜひ、ご覧下さいませ。


こちらは、クセと傷みも加わった状態。根元から毛先までの状態は大きく違い、繊細な薬剤選定、技術が必要になります。


うん。なんということでしょう。ぱっと見よくわからないくらい、ボサボサです。ダメージの蓄積がありますので、最小限の薬剤パワーで施術しました。

 


こちらは、実はブリーチをしております。ブリーチしていて、さらにクセもありチリチリになっていましたが、愛と勇気をもって施術させていただきました。

 


これは、まだ状態がいい状態です。ツヤとまとまりを完全に取り戻すことに成功しました。

 


これも、パーマの失敗、クセ、傷みが混合した状態です。丁寧な施術を心がけ、サラサラになりました。


初めましてのカウンセリング、開口一番で「なるほど」と口に出ちゃいましたが、いつも通り技術と経験、知識を活かし丁寧に施術させていただきました。

 


こちらも、開口一番「ほう、、、。」と口に出ちゃいましたが、上手く出来ました。細毛軟毛で、ダメージが蓄積されており、髪質としてはかなり難しかったです。

 


見てわかる通り、ダメージとボサボサ加減はトップレベル。手ぐしも通らなかったですが、乾かしただけでサラサラになりました。

 


過去一番の難しさでした。1番最初に「なんかあった?」と聞いちゃいました。根元から毛先までパーマが強くかかっていて、さらにクセも強く、ダメージもしゅごい。でも、頑張りました。

 


こちらも、頭を悩まされたパターン。どのようにしてパーマをかけたのかは知りませんが、綺麗に出来て良かったです。

 

いかがでしょうか。なかなかパンチの効いたジリジリのチリチリ毛たちが、サラサラになっております。

しかし、とても難しい技術ですので、すべての髪、すべての状態、直せるとは限りません。この技術に特化した美容師は全国にいますので、よかったら探してみて下さい。

*パーマを失敗され、すぐに髪質改善ストレートパーマを施術する場合、それまで洗浄力の強いシャンプーで髪を洗って下さい。パーマを施術した際のパーマ液が毛髪内部残っていますので、なるべく洗浄力のあるシャンプーでそのパーマ液を取り除くのが目的です。ギシギシになると思いますが、髪質改善ストレートパーマが上手く作用するためです。市販のシャンプーなどで大丈夫ですよ。

ちなみに、僕はあまりパーマをかける美容師ではありません。オススメもあまりしません。理由としては、カラーなどしていれば必ず少しパサつくのと、再現性の難しさ、カールが落ちてきた時のパサパサ感、アイロンで巻いたほうがツヤが出てスタイルとしても可愛い、との見解があるからです。(カラーをなされるお客様が圧倒的に多いのもあります。)
よって、上のお写真すべて、ご新規でご来店されたお客様です。つまり、直す専門、ストレート専門で基本やっております。パーマをかけさせていただくときは、上記の不安要素が取り除かれている場合のみ、になります。ショートの方やパーマをかけてもパサつきにくい髪質などの場合です。

パーマをかけるより、どんな状態からでもストレートにするほうに、情熱を注いでおります。お悩みある方、よかったらぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大好き馬肉。

暗めブルージュカラーをブリーチなしで。グレーな透明感がしゅごいお。

最近の記事

PAGE TOP