Loading

BLOG

ブリーチあり、なしで染めたアッシュグレーの違いや綺麗に発色する方法を解説!

今回は、ブリーチして染めたアッシュグレー、ブリーチなしで染めたアッシュグレーを比較し、解説していきます。ブリーチありとなし、双方のメリットやデメリット、そしてカラーレシピ(配合)で気をつけたいポイントをご紹介致します。

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。お気付きかと思いますが、漢字四文字変えると「西島秀俊」になります。

ブリーチあり、ブリーチなしで染めたアッシュグレーの違いを検証


あなたがこの記事を見ているということは、きっと「アッシュグレーに染めたいんやけど、ブリーチせなあかんのかな?ブリーチせんでええなら、それにこしたことぬらべっちゃ。」という口調で思っていることだろう。

今回は、カラーリングの事が全くわからない方でもわかりやすくアッシュグレーについて執筆していきます。
この記事を見終わる頃にはアッシュグレーのことをとてもよく理解でき、さらに美容院でオーダーする時もスムーズにイメージを伝えることができるようになり、そして最終的にはお尻が2つに割れることでしょう。

  • そもそもアッシュグレーってどんな色?

一般的な色彩の世界と、ヘアカラーの色彩の世界はやや違いがあります。ヘアカラーの世界でいうアッシュとは、「青灰色」で、グレーは「濃い灰色」のイメージ。つまり、青みがかった濃い灰色、ということになります。(僕は、薄い灰色はシルバーと表現します。)

アッシュ単体でも灰色のニュアンスはありますので、ほぼ濃い灰色のイメージなのです。

  • なぜブリーチが関わってくるのか

我々日本人の髪の色は基本「黒」です。この黒は髪の中に存在するメラニン色素によりそう見えております。
ブリーチとは、そのメラニン色素を破壊する薬剤。色素が破壊されると、髪は黄色く明るくなります。この黄色っぽくなるのは、黄色になるのではなく、メラニン色素が抜けた結果の色であり、染めているわけではありません。

アッシュグレーに染めようとしても、黒髪の中にあるメラニン色素が存在すると全く発色しません。それは、そのメラニン色素とアッシュグレーという青灰色の相性が非常に悪く、染まる邪魔をしてしまうのです。

ですので、その邪魔なメラニン色素を破壊するブリーチを用い、アッシュグレーにするのです。

  • ブリーチのメリット、デメリットは?

メラニン色素を破壊するブリーチ。そのメリット、デメリットをご紹介致します。

  • メリット

1番は、鮮やかな色、綺麗な色、透明感のある色に染められる、という点だろう。赤でもピンクでもシルバーでもグレーでも、基本的にはどんな色でも綺麗に発色し、透明感もあるし、外国人風カラーなどに憧れがある方、ビビットカラーにしたい方はとてもいいでしょう。

  • デメリット

メリットに比べ、デメリットのほうが多いのがブリーチです。まず、傷み。メラニン色素を破壊する際、髪の健康を保つ成分も破壊してしまいます。ツヤ、潤いが失われ、手触りも悪くなるでしょう。しかし最近は、痛みを減らしブリーチ出来る薬剤も増えつつありますね。
また、色持ちの悪さもあり、色の定着を図る細胞も、ブリーチは壊します。ゆえに色持ちはかなり悪いと言え、数週間で金髪に戻るという現象が起きてしまいます。よって、ブリーチした後に何回も染めますので、コストもかかります。
あと、おばあちゃんとかに久々に会ったりすると、びっくりさせちゃいます。でも、きっとおばあちゃんやおじいちゃんは、あなたがどんな髪色でも驚きながら褒めてくれますよ。

僕はどの立場なんだこれ。

ブリーチありとなしで染めたアッシュグレースタイルを比較!


私はこの当ブログにて、数々のブリーチなしでアッシュグレーに染めたスタイルを掲載してきました。その中から厳選した髪色をご紹介致します。

いかがでしょうか。どれも濃く発色しており、とても透明感のある髪色になっております。これを見ると、「ブリーチしなくてもいいのでは?」なんて思いますよね。

色持ちもいいし、ダメージも最小限、ツヤもあるし手触りもいい。とても素晴らしいですね。

では、ブリーチしたアッシュグレーはいかがでしょうか。こちらです。

これが、ブリーチをして染めたアッシュグレー。わかりにくいかもですが、よく見てみると、透明感、グレーの存在感、透け感も、ブリーチなしと比べるととても強く出ています。そして、明るめでもかなりグレーが出ていて、どこか軽い印象がありますよね。

こうやって比べると、やはりブリーチしたアッシュグレーのほうがクオリティが高いことがわかります。しかし、ブリーチなしのアッシュグレーもとても良い感じですよね?(僕は、どちらとも得意でふ。ぴゃ。)

ブリーチをするしないは、やはりしっかりとメリット、デメリットを考えたうえ、決めていただければと思います。

 

アッシュグレーに染める際のカラー配合をご紹介。


最初に言わせていただくと、セルフカラー剤で自分で染める方法では、なかなかアッシュグレーにはならないでしょう。無彩色のグレー系は配合が命であり、それもお客様一人一人の髪質や髪の状態に合わせてかなり変わります。

こちらでは、ブリーチあり、なし、それぞれアッシュグレーに染めるカラー配合をご紹介致します。一般の方は「わけわからない。キレそう。」と思うかもしれませんが、あくまでご参考に。

使用薬剤→アソートアリア、プロマスター。

  • ブリーチありver.

まず全頭をブリーチします。17,8レベルまでリフトするのが理想です。この時の会話の内容は、「大学デビューするやつの特徴」でした。

A8p:A7p:MT8p:MT7p:V8p:VA8p:CB5p
3:2:1:2:5%:5%:5%    OX3%

VとVAはバイオレットの色味で、ブリーチした後の黄色味を消すために用い、さらにグレーの強さを際立たせる役割があります。ブリーチオンカラーの場合、バイオレットを配合するのが通例ですが、どのくらいの割合、どのバイオレットを使うかにより全然結果は変わってきます。それは、どのくらい色素が抜けたか、どんな髪の状態かで変わってきますので、経験が必要になります。(20分置き)

  • ブリーチなしver.

ブリーチなしの場合、上で説明したバイオレットは必要ありません。ブリーチをしていないので、アプローチするのは髪の中に残っているメラニン色素です。それは、赤みや、オレンジみたいな色味です。これを完全に消す配合でなければ、綺麗なアッシュグレーにはならないでしょう。


ブリーチなしで赤みを消すアッシュグレーの魅力。

〜ビフォア〜

10レベルのオレンジが強い髪質。赤みも強い。多毛。ガチで彼氏が欲しいらしい。

リタッチ→6BA:8BA:CB5    1:1:20%
中間毛先→A7p:MT6p:CB5p    3:2:15%    OX4.5%

MTはモノトーンな色味。グレーを発色させるには薄いモノトーンの暗いレベルを上手に使うことが大切だ。朝二度寝しないことよりも大切なのだ。(20分置き。)

 


ブリーチなしのグレーアッシュ。赤み全くなしの透明感カラーなのだ!

〜ビフォア〜

8レベルの茶色。赤みよりも黄色味がややある髪質。暗め希望。合コンに行きたい。

根元→6BA    4.5%
中間毛先→A6p:MT7p:CB5    1:2:20%    3%

髪が細く割とアッシュ系にしやすい髪質。アッシュやブルーが少なめでも良いと判断したため、モノトーンの割合を多くし、グレー感、透け感、透明感、ジンギス感が増すような配合に。(15分置き)

 


ブリーチなしで超絶グレーカラーに染めたおお!!

〜ビフォア〜

10レベルのオレンジが強い茶色。多毛。「今日は0時までに寝よう」って思ってたのに2時頃まで夜更かししちゃうのが悩み。

根元→8BA:CB5    3:1    4.5%
中間毛先→A9p:MT6p:CB5p    1:1:15%    3%

オレンジが強い髪質の場合、まずブルーを多めに混ぜ、時間をたっぷり置くことが大事です。そして、MT6pのようにレベルが濃いモノトーンを混ぜるのも有効でしょう。(25分置き)

 

アッシュグレーに染める上で、意識したいこと。


アッシュグレーに染めること、そして染まり続けることにおいて、大事なことがいくつかあります。それは、

  • 黒染めをしない、もしくはしていないこと
  • 出来れば、デジタルパーマはかけないこと
  • 理想は月1の頻度で同じアッシュ系でカラーをすること
  • 途中で赤系のカラーをしないこと

市販されているシャンプーは使わないこと

黒染めをしていると、その黒染めしている部分を切り落とさない限り、綺麗なアッシュグレーに出来ません。出来ないことはないですが、クオリティは下がります。アッシュグレーにしたいけど、黒染めしないといけない予定がある方などはこちらをご覧ください。

黒染めじゃないけど黒髪に見えるダークアッシュカラー。
黒染めするのではなく、ブラックアッシュにしよう!

デジタルパーマに関しては、その部分の髪がタンパク変性を起こしている確率が高く、その上からアッシュグレーに染めても、透明感が出ずに濁った茶色っぽくなることがありますので、おすすめはしません。(デジパしていても、それを考慮して僕は染めれます。ぴゃ。)

アッシュグレーとは、無彩色であり、透明感や透け感、グレーの綺麗さの代わりに、色持ちがよくありません。これは、ブリーチありでもなしでも同じです。(色落ちのスピードはブリーチありのほうが格段に早いです。)

でも、せっかくアッシュグレーに染めれたのに、すぐ色落ちしては悲しいンゴ、となりますよね。そこでやはり、アッシュグレーが完全に抜け落ちる前に染めることが理想です。それが、月1。しかし、これは理想であり、2ヶ月半に一回しか髪を切らない僕からすると、なんていうか、まぁ、うん。

また、途中で「1回だけ赤系にしよっかなー。んふ。」とか言って真っ赤にすると、次回すぐにアッシュには中々出来ません。赤の色素は根強く髪の中に残りますので、アッシュに染まる邪魔をもともとのメラニン色素よりもしちゃいます。出来れば、同じ色味を継続しながら染めましょう。

シャンプーに関して詳しく言うと、これからまた5,000文字は書かないといけないので割愛しますが、やはり市販のシャンプーは洗浄力が無駄に強く無駄に色落ちが早くなってしまいます。担当の美容師がオススメするシャンプー、アミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

 

まとめ

ブリーチありのアッシュグレーとブリーチなしのアッシュグレーを比べて、やはり鮮やかな発色を考えれば前者。ダメージ、色持ちを考えれば後者。ということになるでしょう。しかし、ブリーチなしのアッシュグレーも充分、綺麗でしたよね?
長年美容師としてアッシュを染めまくってきた僕としては、ブリーチをしようがしまいが、必ず綺麗なアッシュグレーに出来る自負があります。あ、野心出ちゃった。
そして、お客様自身の意識によっても、カラーのクオリティは変わってきます。一緒に綺麗なアッシュグレーを目指しましょう。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

良かったら合わせてこちらもご覧ください。今回同様めずらしく真面目に書いた記事です。
アッシュ好き必見!ブリーチなしで出来る透明感アッシュのヘアカタログ!
透明感アッシュのグラデーションカラーにブリーチなしで染める方法!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

僕のストレートパーマであなたの心はフィラデルフィア。

クセは真っ直ぐに、毛先にはワンカール!ストカール技術をご紹介!

PAGE TOP