Loading

BLOG

ブリーチなしのグレーアッシュ。赤み全くなしの透明感カラーなのだ!

今日はいい天気でしたので、ブリーチなしで染めるグレーアッシュカラーをご紹介致します。

 

 

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。小2でお尻が二つに割れました。

 
 

グレーアッシュカラーをブリーチなしで。

 

あなたがこの記事を読んでいるということは、きっと髪を傷めたくなく、かつ綺麗な赤みのないグレーアッシュにしたい、染めたいと思っていて、おそらくお尻も二つに割れている人なのだろう。

 

そんなあなたにぴったりのカラーを、僕が提案致します。

 

まず、今回はブリーチをせずにアッシュ系にしていきます。その時大事なのが二つあり、それが、赤みを消すことと、赤みを消すことだ。

 

我々ジャパニーズは、もともとの髪色が黒だ。

その黒はメラニン色素によりそう見えており、赤みが多く存在している。割合でいうと、オムライスでいうチキンライスくらいだ。たぶんだけど。

そしてその赤みは、アッシュに染まる邪魔をしまくっているのだ。その赤みをどうにかしなければいけないのだが、手っ取り早いのがブリーチをして赤みをブチ消すことなのだが、いかんせん「傷み(ダメージ)」を伴う。

 

なので僕は、傷みを最小限に抑えたい方、ブリーチしたくない方には、ブリーチなしでアッシュにしている。

 

なぜそんなことが出来るのか。

 
 

僕だからだ。

 
 

 

こちらが、僕がブリーチなしで染めたグレーアッシュカラーだ。

ストレートの状態では、やや暗めだ。

しかし、巻いてみると、

 

 

こんなにグレーが強調される。赤みなんて一切なく、透明感がとんでもないことになっているのがわかりますね。

 

さらに、こちらは室内で撮った写真だが、

 
 

外の自然光に当たると、こんな感じに。

 

あたなは今、「なんて、こったい。」と思い、あまりの綺麗さに烏龍茶を一気飲みしたんじゃありませんか?

 

それ、僕もよくします。

 

なぜブリーチしていないのにこんなにグレーが強いのかというと、髪質を見極め、経験を活かして薬剤を配合し、さらに高いレベルの知識と技術を持って施術し、映画「昼顔」を公開前にもう一度ドラマを全て観ているからだ。

 

最終回なんて観たくありませんでしたが、あのツラさをもう一度味わってこその、映画だと思うのです。

 

不倫はよくない。よくないけども、、、ってやつだ。北野先生の校内放送での最後のメッセージ、、、とても感動しました。

 
 
 
 
 
 

なんの話をしているんだ僕は。

 

 

 

 

ブリーチなしのグレーアッシュカラー。

よかったらぜひ、お試しあれなのだ。

 

メニュー&プライスはこち
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161355

ご予約&アクセスはこち
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161507

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏に提案したいカラー。ブリーチなしのスモーキーマットアッシュ。

ちょっと観てきました。

最近の記事

  1. あぴゃ。

    2019.02.13

PAGE TOP